スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

自分を超える方法(1)

f:id:hana7_1111:20180106002901j:plain


2018年の幕が開けましたが、皆様は何か抱負を決められましたか?

なんだ、そんな話し?と引かないで、まぁ、読んでやってください。

一年というのはあっという間に過ぎてしまうので、目標を持ってそれに向かい、達成した時は喜びも一入ですよね。

前回、瀬織津姫の事に触れましたが、それに絡めて今回「自分を超える方法(1)」をお伝えします。

 

私の抱負はというと

『自分に勝つ』『自分を超える』

 

まぁ、今年に限らず永続的ですが・・・(;^ω^)

どのような事があろうとも、諦めず、妥協せず、やりたいことを思い切ってやってみること。昨年もそれなりにチャレンジして、自身のカルマをある程度解消し、陰陽師もできるようになったんですが、宇宙の流れは予想外に速く時を刻んでいるようです。

急がないとおば~ちゃんになっちゃうよ~って感じ。

 

とにかく、下記のようなことを意識してやっています。

 

1)どう見ても不可能と思えることを「絶対に出来る!」と言い続ける。

→この「絶対」という言葉はポジティブな思考に必須。かなり心を強くすることが出来る言霊だと思っています。

2)落ち込む前に動く。

3)頑張らずに喜んでやる。

 →その方が実現の引き寄せが強くなるから。

4)ハイヤーセルフやアセンデッドマスター、天使に見られていることを意識する。

 →トイレに行こうがお風呂に入ろうが、いつでもどこでも意識してます。見られるこ   とで嘘は付けないし、いい刺激になります。

 

経験上の対処として

 

もし落ち込むようなことがあったら

俯瞰で自分を見てみる。そうすると案外(大した事ないのに、何落ち込んでんだろう)と思ったりします。

 

それでもポジティブに落ち込めない場合は

アセンデッドマスターや天使にお願いする。

1)私を癒して下さい。

2)ネガティブな思考を消し去って下さい。

 

声が聞こえなくても、呼んだ存在に大阪弁でしゃべってもらい、例えば「イエスが『どないしたん?』とか言って癒しに来てくれるとか。そんな事を自分で創造しながら、明るく場の雰囲気を盛り上げるプロデュースをしてみる。

 

勿論、本当に辛い出来事や不幸があった際など、泣きたい時は心のままにしますが。

ただ長く引きずるのは心身共に良い影響ではないし疲れるので、きちんと心の整理をして、早く切り替えることが肝要ですね。

 

怒られても真に受けない方法

例えば職場の上司から怒られたり、嫌みを言われた時も「今朝から夫婦喧嘩した方に2倍かける」と一人クイズをしてみたり、「続きはWebで」と言ってみたり、漫画的、ドラマ的に創造力を働かせて「面白い方へ転換する」ことに思考を傾けると、真に受けて傷つかなくてもすみます。

それと神様や天使、マスター達は明るく面白い人が好きなんです。

どういうネタを出すのかを待っているんですね。

 

自分に問題があってこの事態を招いたのなら、もちろん反省すべきですが、辛いとか苦しいと思う気持ちを家に持ち帰るくらいなら、ゲーム的に処理した方がずっと楽ですね。心にゆとりを持ち、「不要な思い」はサッサと片付けてしまいましょう。

 

 

自分を認めて、褒めて、許すこと

生きていれば嫌なことだって沢山経験しますが、

ある時、自分自身を顧みて「自分は成長したよね、こういう事言われても腹を立てなくなったし、静かに受け止められている。」と思えたなら、確実に魂も成長したと自分を褒めてあげていいと思います。

ただ悪魔の誘惑はいつでもやって来ます。堕落しないようしっかりセンタリングして、自分と向き合い、ついつい怒ってしまった自分も、情けない自分も全てを認めて許すことですね。

自分を許すことが出来ないと、他者も許すことが出来ません。

そして自分に正直であることです。

それを続けていると、どんどん自分が愛おしくなり、他者の気持ちが理解できるようになって、思いやりや、何かしてあげたいという奉仕の気持ちが生まれてきます

そういう積み重ねが、自分の望みや夢を引き寄せていけるのだと思います。

 

ところで瀬織津姫とどういう絡みがあるの?って聞かれそうですが、

実は私が実施している部分も一部含まれているのが下記の本です。

人生が楽しくなるので、オススメの一冊です!