スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

ゲシュタルト

 

f:id:hana7_1111:20180212230027j:plain

ゲシュタルトとは

知覚現象や認識活動を説明する概念で、

部分の総和としてとらえられない合体構造

に備わっている、特有の全体的構造をいう。形態。

 

なんだか難しそうな話、スピリチュアルに関係あるの?

 

 ハイヤーセルフから「ゲシュタルト」という

言葉を去年から何度か囁かれたので、記事にしてみました。

 

ゲシュタルトって何?

分かりやすく言えば、点描をイメージしてみましょう。

 

沢山の「点」で描かれた絵ってありますよね。

例えば大きな壁に人物の顔を点描で描かれているとします。

 

壁に近づいて観たら、ただの点にしか見えず、

遠ざかって観ると、一つのまとまりとなり

人物が描かれていると気付きます。

 

分かりにくい方はナスカの地上絵や

ミステリーサークルをイメージされてもよいでしょう。

上空から見た時、初めて「ある1つの形」として

形成されていることが認識できます。

これは物質に限らず、よく漢字でも例えられます。 

この全体性を持ったまとまりのある構造や形態の事を

ドイツ語で「ゲシュタルト」と呼びます。

 

ちなみに「ゲシュタルト崩壊」とは

総合的な意味を認識できなくなり、個々の

構成部分にバラバラに切り離して認識し

直されてしまう現象です。

ある漢字を長時間見ていると、(こんな漢字

だったっけ?)と思う現象です。

 

 

昨年末、宇宙的に分離が起こりました。

これにより、アセンションを目指す人達と

そうでない人達と別れたようです。

どちらも引き寄せの法則で、ソウルメイト

達と出会い、気の合う者同士で形成されて

いくのでしょうが、会社で気の合わない

人が退職したり、異動したり疎遠になったり

という話は回りから聞こえてきていますし、

私自身、同様の事が起きています。

いよいよそういう時代に突入したようです。

 

今まで「こうあるべき」という枠の中で、

それに従ってきた古い体質や観念は崩壊

していき、個々の自由意志が尊重される

ようになり、そして自分自身が喜びの

ある人生を選択していきます。

 

更に、同調し合うものが引き寄せ合い、

より良い社会を築く時代になる、

そのように時代はシフトして来ています。