スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

月と太陽と大地

f:id:hana7_1111:20180320084737j:plain

鞍馬寺にて

 

月のように美しく
太陽のように暖かく
大地のように力強く

 

鞍馬寺ライトワークの続きです。

パンフレット「鞍馬山案内」に

記載されたこの言葉を見てハッとしました。

なぜなら、今回伺う前に同じ言葉を

受け取っていたからです。

それは満月の夜、ベランダで月を眺めた後

自室に戻り美しい月を思い浮かべながら

フラダンスの練習でもしようかなと腰を

ふっていた時に「月のように美しく

という言葉が降りて来ました。

(そうね、月は美しかった、あの月のように

美しさを放ちながら踊った方がいいかも)

その時はそんな風に思っただけでした。

 

翌朝、出勤時に太陽が眩しく輝いていた

のを見て(暖かいな~ありがとう!)と

心の中でお礼を言ったら

「太陽のように暖かく」という言葉が

ふんわり頭頂からやって来ました。

(そうね、暖かいと心まで温もりを感じられる)

穏やかで人に対しても親切になれる、

そんな気がして、気持ちよく歩いていたら、

突然、以前よく通った富山の立山大自然

の光景が急に頭の中に現れ、

 

「大地のように力強く」

という言葉が聞こえました。

(力強く生きている自然、私も強く生きよう)

なんとなくそう思ったのです。

 

鞍馬山へ来て

この言葉は尊天に唱える言葉だと分かりました。

 

尊天とは

この世に存在するすべてを生み出す

宇宙生命、宇宙エネルギーであって、

その働きは慈愛と光明と活力となって現れる。

下記のようにその役割を表しています。

 

<三位一体尊天>

〇慈愛ー月の精霊【千手観世音菩薩

〇光明ー太陽の精霊【毘沙門天王】

〇活力ー大地(地球)の霊王【護法魔王尊】


鞍馬山の根源は「信の心」

多くの人がその人なりに尊天のお力を受け、

真実にめざめ、いのちを輝かせてくださるように。

そう願って山容を整えられているそうです。

 

私達は、

自然の恩寵をいつでも受け取っていて、

自らの魂を自分らしく輝かせて生きていける

そのように悟らせて下さっていたのだと

受け取った言葉の意味を改めて感じたのでした。