スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

龍口寺

 

f:id:hana7_1111:20180406220348j:plain

龍口寺

神奈川県藤沢市片瀬の龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山(霊蹟寺院

 江の島からの続きです。掲載が遅くなりましたが(汗)

f:id:hana7_1111:20180406220302j:plain

名物、江ノ電が走る目の前の場所にあります。
 

<お寺の紹介>

日蓮聖人(1222~1282)がご入滅(死去)された後、

直弟子の日法聖人が、延元二年(1337)に

「龍ノ口法難の霊跡」として、一堂を建立。

 

f:id:hana7_1111:20180406220359j:plain

鐘楼堂

 鐘をついてみたかったんですが、生憎、使用不可の時間帯でした。

 

 

f:id:hana7_1111:20180406220252j:plain

御霊窟 

 龍ノ口法難の際、日蓮聖人が処刑までの間、

一時入れられていた土牢。

 

日蓮聖人があわや斬首になりかけたそうですが

・・・∑( ̄ロ ̄|||)

 

<処刑となった経緯>

鎌倉時代後期、日本は内乱や蒙古襲来、

飢餓や疫病の蔓延。それらを憂えた日蓮聖人は、

立正安国論』を著し幕府に奏上しましたが、
政策への中傷とされ、文永8年(1272)9月12日、

日蓮聖人を捕られ、斬首するために刑場であった

この地、龍ノ口へ連行されました。

 

<不思議なこと>

翌13日子丑の刻(午前2時前後)、土牢から

引き出された日蓮聖人は、敷皮石

(座布団状の石に皮を敷く)に坐らされ、

評定の使者も待たず、あわや斬首になるときでした。
 「江ノ島の方より満月のような光ものが

飛び来たって首斬り役人の目がくらみ、

畏れおののき倒れ」(日蓮聖人の手紙より)、

斬首の刑は中止となりました。


龍ノ口刑場で処刑中止となったのは日蓮聖人

をおいておらず、爾来、この出来事を

「龍ノ口法難」と呼び習わしています。

その刑場跡に立てられたのが、龍口寺です。

 龍口寺では、龍ノ口法難の霊場である

 龍口刑場跡を護持するとともに、

この地で亡くなった方の冥福を祈願しています。

(記事内の詳細は龍口寺HPより転載しています)

 

 神秘的で興味深い出来事ですね。

 

 

<感想>

刑場跡というだけに身構えていきましたが、

・・・・。確かにそれなりに感じました(汗)

境内は色々とあるので、見所満載ですが、

色々な存在が浮上しているようで異質な

雰囲気でした。

(こちらのお寺に限らず、他の場所でも

今はこういう状況が多いように思われます)

まずは私が出来ることをさせて頂きました。

浄化後に喜ばれている存在もいたので、

一先ず良かったと思います。

 

f:id:hana7_1111:20180406220242j:plain

そうそう、帰りにもう一度江の島を見た時、

やや雲は多かったですが、夕焼け空が綺麗~!

写真を撮ろうと取り出したところ、残念な事に

スマホもカメラも電池切れ。

 

暫く空を眺めていたら、銀色に光る物体

が現れ、10秒位浮かんだ後

突然消えてしまいました。

あれはUFOだったのかな・・・。

UFOが来てもおかしくない場所ですから。

 

※上記写真は江の島でのワーク後の写真

 で夕焼け空とは関係ありません。

 

江の島に行かれた際は、是非空をチェック

してみてください(^^☆