スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

上染屋八幡神社

f:id:hana7_1111:20180418071634j:plain上染屋八幡神社

 

前回、瀬織津姫の神社へ伺う途中にこちらを見つけ、

その時は時間的にも余裕がなかったので、参拝しま

せんでしたが、本日伺う途中にまた思い出し((;''∀''))

伺ってみよう、という事で参拝いたしました。

f:id:hana7_1111:20180418071622j:plain

真っすぐ進んだ先に本殿 がありました。

 

とても広い空間にポツンとちょっと寂しげに

鎮座されてます。

見渡すと大きな森です。

 

森の気が心地良く、精霊達も多く癒されました。

 こちらでも愛のエネルギーを奉納させて頂きました。

f:id:hana7_1111:20180418071607j:plain

森林浴をしていたら祝福が降りて来ました。

とても美しかったです。

 

f:id:hana7_1111:20180420215431j:plain

 

 

f:id:hana7_1111:20180418071721j:plain

こちらは東側にあり更にこじんまりとした社です。

本殿も御祭神の表記がありませんでしたが、

参拝させていただくと、ある方が現れました。

それは「源頼朝」です。

 

どうして頼朝が現れるんだ?

と疑問に思いましたが、それはこちらが

八幡神社からなのでした。

 

帰宅後、こちらの神社を検索して調べた

ところ、鎌倉時代に「源頼朝」が鎌倉武士

の守護神とされていた「応神天皇」がご祭神

でした。

あ、それで頼朝が出てきたのかと納得。

 

八幡神社といえば武神:応神天皇

 

応神天皇はその腕の肉が弓具の鞆(ほむた)

のように盛り上がっていたことから弓術の

達人と評されており、さらに難敵に逃れながら

も出生に至り、無事に立身出世を果たしたこと

から武の神(弓の神)や出世開運の神として崇

められることが多い為、ご祭神が応神天皇

として語られるケースが多いそうです。

 

今回お伺いした3つ目の理由というのは

どうやらこちらだったようです。

元々は大國魂神社国府八幡宮

(こちらのご祭神も応神天皇

前回お伺いしていなかったので、

行こうかなと思いつつ、ちょっと場所が

反対方向だし、またの機会に・・・。

と思った事で、結局こちらへ向かわされた

のですね。 

 

 

f:id:hana7_1111:20180416223740j:plain

 人見稲荷神社

 

最後にお伺いしました。

空は曇っていましたが、緑が綺麗でした。

こちらでもワークを行いまして、頭やハートが

ぼわっと暖かくなり、喜んでおられたようで

良かったです。