スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

北海道ライトワーク(1)

f:id:hana7_1111:20180603135107j:plain

今更ですが、GWに北海道へ「リトリート&

ライトワーク」へ行って来ましたので

ご報告いたします!

遅くなってすみません(;''∀'')

f:id:hana7_1111:20180603135102j:plain


初日は良い天気でした。

知床峠でライトワークを行い、その後

クジラウォッチング船へ乗りました。

(知床羅臼にて)

f:id:hana7_1111:20180603134912j:plain

沢山のシャチ家族に出会いましたよ!

シャチは私にとって特別な存在。

とても宇宙的なエネルギーを感じます。

凄く賢くて、船上の人の動作や感情を

読み取っているようです。

楽しそうに話しをしていると、直ぐに

駆けつけて来ます。

(フレンドリーなファミリーに限りますが(笑))

 

シャチは海のハンターと怖れられる程

獰猛な印象がありますが、捕食のタイプには、

魚だけ、鯨類だけ、魚と鯨類、

と分かれ、温厚なシャチもいるんですよ。

鯨類を捕食するシャチでも、海に入った

人間を襲った記録は一度もありません。

 

不思議な事に過去に学校教育の一環として

小学生だけが乗船した際、一緒に同船させて

頂いたのですが、その時は子供のシャチ

ばかりが集まり、色々と面白いパフォー

マンスを披露してくれました。

子供は子供を呼ぶんですね~。

f:id:hana7_1111:20180603134903j:plain

これはイマイチでしたが、光線条件では

噴気がレインボーカラーで写ったりします。

船の下を潜ったりと、凄く近くで観れますよ。

f:id:hana7_1111:20180603191413j:plain

シャチ、超カッコイイ~!!!

わざわざカナダへ行かれた人が乗船されて

いましたが、日本で観る方が全然近いと。

今回はジャンプやスパイホップは観れません

でしたが、会えただけでも嬉しいです♡

f:id:hana7_1111:20180603135149j:plain

「イシイルカ」にも出会いました。

黒白のツートンカラーでシャチみたいですが、

高速(約50km/h)で泳ぐイルカの為、

水族園にはいません。

野生では東北か北海道しか観れないと言われています。

近づくと水しぶきが高く上がるので直ぐに分かります。

ここ2,3年ですが、以前は警戒心が強かった

このイルカも、船に付いて泳ぐ姿が多々見られる

ようになりました。

イシイルカは食肉用の捕獲対象となっている

為、その影響が緩和?されたのかどうか

分かりませんが、最近は寄ってくるように

なりました。

f:id:hana7_1111:20180603191509j:plain

今年初の「マッコウクジラ」も観れました。

(遠い~!!)

f:id:hana7_1111:20180603135201j:plain

今回は遠かったので、過去の写真で補足しますと

こんな感じ↑

シンクロナイズトスイミングみたい( ´艸`)

最後に深く潜水する時に尾を上げます。

これを見たら最後、40分位は浮上しません。

 

ここ羅臼では深海の根室海峡がある為、

オスのマッコウクジラが毎年回遊して来るんですね。

f:id:hana7_1111:20180603135210j:plain

続いて鯨類では世界で2番目に大きい

ナガスクジラ」です。

5月頃、羅臼の海へやって来ます。

ここ4,5年観測されていますが、それまでは

皆無です。

 

そうそう、クジラはスピリチュアル的に

レムリアからの情報を保持し、海の

レイラインを浄化しています。

 ご興味のある方は、クジラに会いに

行かれると必要な情報を受け取れるかも

しれません。

 

羅臼では他にもミンククジラや秋には

ツチクジラなど、鯨類のタイプも豊富です。

 

春には極稀にザトウクジラやホッキョククジラ

等も入った記録があります。

 

思いがけない出会いにドキドキワクワク

しますね。

そんなわけで、羅臼の初日は盛沢山でした^^