Blue Wave

不思議な世界・スピリチュアルなお話

スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

北海道ライトワーク(2)

シマフクロウ

アイヌでは「コタンコロカムイ」と呼ばれ

集落を護る神の使いとされています。

日本では道央~道東に約100羽程生息。

絶滅危惧種でフクロウの中では唯一、

魚を主食とするフクロウです。

全長63-71cm、フクロウの中でもかなり大きいです。

これは深夜3時頃撮影したものです。

 

2日目の朝は生憎の雨天。

嵐のように風も強く、濃霧で峠は封鎖されました。

船も欠航し、行く当てが無い為

標津のサーモン博物館へ。

f:id:hana7_1111:20180603205424j:plain

特にイワナの展示が多く種類が豊富でした。

(ミヤベイワナ、エゾイワナ、ニッコウイワナなど)

上記中央の大きな模型は「イトウ」で

中国で獲れたそうですが、世界最大の記録との事。

一時期は生存が確認できない程激減したイトウですが、

今は養殖による河川放流で、徐々に個体数を回復

させています。それでも絶滅危惧種に変わりは

ないようですが。

f:id:hana7_1111:20180603204625j:plain

こちらは「チョウザメ

鼻っ面を水面から出して可愛かったです。

f:id:hana7_1111:20180603204614j:plain

指を近づけると、「パクッ」とやられますが、

歯が無いので怪我をすることはありません。

それでもドキっとして手を引っ込めてしまいますね。

f:id:hana7_1111:20180603204703j:plain

明るい水槽と暗い水槽に入れたシロザケ。

背中の表面色素が同化するように変化

するんですね~。

f:id:hana7_1111:20180603212616j:plain

オオカミウオ」です。

グロイです。

 

f:id:hana7_1111:20180603230256j:plain

「カレイさん」

個人的には「カレイ」が超~可愛かったです。

行かれた方は是非ガン見してください。

カレイもガン見して来ますので(笑)

f:id:hana7_1111:20180603205414j:plain

中標津から羅臼へ戻る途中、急に神社に行きたくなり、

信号待ちの時に、(この辺で神社はないかな)と

ナビで探した所、50m後方にありました!

「標津神社」です。

【祭神】

天照大御神(あまてらすおおみかみ)
金刀比羅大神(ことひらのおおかみ)

大国主神(おおくにぬしのかみ))
市杵島神(いちきしまのかみ)

 

全てご縁がある神様なので、

「挨拶してよ!」って

呼び止められたのかもしれません。

 

そんなわけで2日目は終日雨。

ライトワークは・・・何もできませんでした(;''∀'')

 

シマフクロウが来る宿  鷲の宿(羅臼 民宿) 

宿の前は川が流れていて、秋にはサケが遡上して来ます。

早朝エゾシカがやって来る事はよくありますが、時にはキタキツネやヒグマなども!

女将さんは気さくな方ですよ。お食事もボリュームがあってお腹いっぱいになります。

 

<フクロウについて>

観察舎があるのでそこから観察・撮影が出来ます。

(宿泊しない方は別料金で利用可)

但し、シマフクロウの出没時間は現在の所、不定期です。

予約される方はお電話で状況を尋ねてみると良いでしょう。

 

<お風呂について>

お風呂は自宅型なので、ここから車で10分程の「羅臼ビジターセンター」

手前にあるホテルで日帰り入浴(季節によってNGの時もある)又は

更にその先に進んだ左手に無料の「熊の湯温泉」(洗い場無し)がある

のでそちらを利用しても良いでしょう。

 

<野鳥について>

宿の近くには滝があり、カワガラスミソサザイアオジキセキレイ等定番の顔ぶれ。川周辺はアカゲラカワガラス、他(5月の観察)

 

シマフクロウ オブザバトリー | 野生のシマフクロウ出会い、その行動を観察したり、写真撮影ができる観察施設です。