スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

未来をチャネリングしていた小説家

f:id:hana7_1111:20180809002204j:plain

先月チャネリングされた映画について

触れましたが、本日は皆さまもご存知の

方が多いと思われる小説家をご紹介します。

 

エドガー・アラン・ポー」と言えば

推理小説の父と呼ばれ、私も10代の頃は

『モルグ街の殺人』等の推理小説を読んで

いました。

 

その彼がなんと、46年後に実際に起きた

事件と似た小説を執筆していたのです。

 

<作品名>

「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」

航海中に難破した船乗りたちのカニバリズム

によるサバイバルを描いた作品

 

<内容>

リチャード・パーカーという人物が

反逆者として登場する。

彼は他の反逆者とともに船に乗せられたが

この船が途中で転覆。

生き残った者には十分な食料がなく、

苦肉の策として、パーカーは皆に

「くじ引きでアタリを引いた人を皆で食べる」

というカニバリズムを提案をする。

そして、あろうことか、彼自身がアタリを

引いてしまい、皆に食べられてしまう。

 

<実際の事件 1884年5月19日>

【事件】ミニョネット号事件  

乗組員は、船長のダトリー、船員のスティーブン、

ブルックス、 17歳の給仕のリチャードの4人。

イギリスのサザンプトンをミニョネット号という

ヨットが出航した。 オーストラリアの実業家

J・H・ウォトンが故郷イギリス往復のために

購入したもの。試験航海を含めた処女航海で

オーストラリアのシドニーへ向かっていた。

 

同年7月5日、悪天候により南アフリカ

喜望峰沖でヨットが難破。

漂流して19日目、食料が完全に底をついた。

船長は、くじ引きで仲間のためにその身を

捧げるものを決めようとしたが、船員の1人

が反対した為中止された。

乗組員4人は飢えと渇きの末、漂流の

20日目に衰弱した一人(リチャード)が

“生贄”にされ船員たちに食べられた。

その後船員たちはドイツ船に救助されて生還。

少年を食べた行為が裁判にかけらたれた。

 

少年と小説内で犠牲になった人物の名前は

同姓同名の「リチャード・パーカー」でした。

 

10年後に被害者の少年の遺族が事件と

ポーの小説の“偶然の一致”を新聞に投書

して明るみに。

 

この「偶然の一致・・・。」

エドガー・アラン・ポーはショッキング

な事件が起きる46年前に未来をチャネリ

ングしていた、と言えるでしょう。

それにしても恐ろしい話しです。

<関連記事>