スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

城山熊野神社(2)と悲しき再会

f:id:hana7_1111:20180819135448j:plain

<城山熊野神社

さて、熊野神社の後、城山熊野神社へ伺いました。

志村三丁目駅から徒歩10分前後でしょうか。

ただ坂道があります。

生憎、例祭の準備で正門から入れませんでした。

 

f:id:hana7_1111:20180819135437j:plain

<拝殿>

御祭神 伊邪那岐命(いざなぎのみこと
    伊邪那美命(いざなみのみこと)
    事解之男命(ことさかのおのみこと)

 

志村城跡
康正2年(1456)に千葉自胤(よりたね)が赤塚城

入城した際、一族の千葉隠岐守信胤が入城して、

赤塚城の前衛拠点とした。大永4年(1524)に

北条氏綱に攻められて落城。
熊野神社は志村城二の丸にあたり、社殿は古墳城

に建てられているそうです。

f:id:hana7_1111:20180819135631j:plain

<絵馬殿>

参拝時は扉が開いていましたが、後で撮影した際、

いつの間にか扉が閉じられてました。

ここでは江戸時代中期から大正期にかけて、

絵馬82枚、扁額9枚、寄進札4枚が現在

奉納されているとか。

f:id:hana7_1111:20180819140555j:plain

境内社:(八社)
    大山阿夫利神社榛名神社御嶽神社天照皇大神宮
    八幡神社、桃花稲荷神社、溜下稲荷神社、石神社

f:id:hana7_1111:20180819135606j:plain

<招魂社>

クロアゲハ2頭が鳥居の奥で舞っていました。

なるほど、戦没者を祀られているので、

しっかり癒しのワークをしてください、

ということですね。

(ちなみにアゲハは霊的な動物で、

死者に関係している場合があります)

 

ワーク後に、一頭のクロアゲハが目の前

までやって来て通り過ぎました。

「ご苦労さん」って言われた感じでした(;''∀'')

 

f:id:hana7_1111:20180819135556j:plain

 

こちらの神社へ伺う途中に公園があり、

以前勤めていた会社の通り道だったので

よく寄り道していました。

5年振りの入園。

相変わらずカルガモがいました。

f:id:hana7_1111:20180819134842j:plain

カルガモの親子>

ここの池で毎年カルガモの子供が生まれて

いたので、一か月間観察していたことがあります。

 

懐かしいです。

通勤途中、ここにいるノラちゃんが、以前

自宅にいた猫とよく似ていたので、近くの

住民のおじさん達と加わり、毎日お水を

取り替えたり、おやつのフードをあげたり

して一緒に自然とお世話をするようになり

ました。

 

そういえば、つい一昨日の夜、何故か

その猫ちゃんの事を思い出していました。

名前は「ちび」。

まだ、元気でいるかな。

当時の光景が懐かしく蘇って来ました。

 

4年位経過した後、転職した私は勤務地も

遠くなり、実家の猫の老衰&腎臓病の世話

もあった為、それ以来こちらへ伺うことも

なくなりました。

「ちび」は多くの人から可愛がられていた

ので、安心してお別れすることができました。

 

 

昼間だからいないかな、そう思いながら

ふと、公園の植え込みが目に入り、

そうだ、確かこの植え込み辺りにいたような・・・

探しながら植え込みの奥に目を向けた時、

あるモノが飛び込んで来ました。

f:id:hana7_1111:20180819181837j:plain

「ちび」のお墓でした。

((´;ω;`)・・・)

それまで頭の中で楽し気におしゃべり

していた言葉がピタリと沈黙・・・。

 

もう亡くなっているのではという

予想も正直ありました。 

けれども事実を目の当たりにして

ショック。

 

ノラちゃんだと4年が寿命と言われて

いるので、長生きした方だと思います。

沢山の方に愛されていることが、よく

分かるお墓でした。

 

「ちび」は人だけでなく、他の猫にも

優しかったし、私を見かけると子犬の

ように駆け寄って来て、その愛らしい姿

が溢れ出てしまい、私は我が子に会った

ように暫く「ちび」へ語りかけていました。

 

 

(みんなを愛してくれてありがとう)

改めて「ちび」へのお礼と、ちびを見守り

安らぎを与えてくれている、この公園へ愛

のエネルギーを送らせて頂きました。

亡くなってからも、この場所からは変わらぬ

「ちび」の愛が感じられました。