スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

白子熊野神社

f:id:hana7_1111:20180827204843j:plain

【白子熊野神社

 

地元のおなじみの神社だけでなく、

他の神社も開拓し浄化などライトワークを

行いたいと思い、探し当てたのがこちら。

土曜日に伺いました。

 

自宅から自転車で行こうか、

(坂道を考慮しても40分位)

バスで行こうかで迷いました。

ただ前夜に

(自転車を点検した方がいい)

というメッセージをもらっていた

事にふと気付いたのと、

結局この日は猛暑でカンカン照り

だった為、

やっぱ(チャリでは無理だ)と

諦めが付き、バスで行く事に。

 

後で、メッセージの意味が分かり

ましたが、それは後程お話すると

して、まずは神社のご紹介を。

 

<御祭神>

伊弉冉尊伊邪那美命
建御名方命
素戔嗚尊
速玉之男命
事解之男命

倉稲魂命

一千年の歴史があると記載されていました。

f:id:hana7_1111:20180828002942j:plain

境内は少し重い気があった為、早速浄化を

行いました。

f:id:hana7_1111:20180828002921j:plain

【富士嶽神社・國平神社】

境内に入ってすぐ右手に鳥居があります。

奥に丘を上がる道があるのですが、

蜂がいた為、断念(;・∀・)

f:id:hana7_1111:20180828002932j:plain

こちらを数回ワークさせて頂いたら、

とても喜ばれたようで、アゲハも沢山

舞い出しました。

 

再び本殿の方へ行き、左側の階段を

上がったら、お寺がありました。

f:id:hana7_1111:20180827204914j:plain

大本山神瀧山清龍寺不動院

f:id:hana7_1111:20180828014550j:plain

護摩修行体験が出来ることで有名らしく、

何度かTVの取材を受けているようです。

 

<由来>

本能寺の変により織田信長が自害したとき、

僅かな部下と共に、大阪の堺にいた家康公は、

人生最大の危機を迎え、三重県の伊賀を超え

自城の岡崎城への多難な伊賀越えが始まる。

家康公とその一行を救い、三重の白子の浜

から船で脱出させてくれたのが、服部半蔵

頭領とする伊賀忍者

恩義を感じた家康公は後に、同じ白子の地名

のある、埼玉県和光市の白子一帯を領地として

与えた。この地にある名刹の清龍寺不動院を、

伊賀忍者は出城として、江戸城の警護に日々

出仕していた。
また不動院法主は家康公より多大な石高を

下付され、伊賀忍者の監督を行っていた。
このような関係で、家康公の生前の命により、

二代将軍の秀忠公が当寺院に家康公のご守護神

を祀り、以来約390余年の間、歴代住職により

日々の灯明を欠かさずお祀りされている。

(HPより転載)

f:id:hana7_1111:20180827205027j:plain

猿田彦神

 

f:id:hana7_1111:20180827205017j:plain

【右上:不動明王

f:id:hana7_1111:20180827205006j:plain

【洞窟内 稲荷神社】

こちら出口から撮影してます(;''∀'')

富士山の溶岩の塊を3年がかりで運び

完成させたとか。

 

この辺一体は波動が高く、両手が

ビリビリしてました。

洞窟内はヒンヤリして、白狐様が

沢山いらっしゃるので、ちょっと

不気味な感じがします。

(でも大丈夫ですが)

f:id:hana7_1111:20180828011226j:plain

蚊や蜂がいて早々に退散しました。

面白いところでした。

f:id:hana7_1111:20180827204936j:plain

最後に少し彩雲が出て、自宅前でも

彩雲が出ていたのを見かけたので、

今日のライトワークは上手くいった

ようです。

 

さて、帰宅した後、買い物へ行く為

自転車を出そうとした時、なんと

前輪がパンクしていました。

前夜に(点検した方がいい)と

言われていたのはこういう事でした。

 

ちなみに3日程前に、会社の人が

「朝、通勤しようとしたら自転車が

パンクしてて」と言って、なぜか

その時パンクの話題になったのでした。

 

私のハイヤーセルフがパンクに気付か

せようとサインを送っていたようです。

というか、(日頃から点検しとけよ)

と言われていたのでしょうが(;''∀'')