スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

根拠のない思い込み

昨日の記事に関連して「脳と宇宙について」

ある博士の体験についてご紹介します。

 

ハーバード大学で活躍していた脳科学

のジル・ボルト・テイラー博士は37歳の時、

脳卒中に襲われ、身体機能と思考能力が

完全に回復するまで8年を要しました。

 

脳卒中が発生した時の博士の感覚を要約

しますと、

「徐々に左脳と右脳、体と物質との境界線

が無くなって行き、自分の腕の原子や

分子が、壁のそれと混じり合っている、

ただエネルギーが存在していた。

 

瓶から解放された精霊のように、外界

全てに関係するものやストレスから解放

され、大きなエネルギーに魅了された。

自分が大きく広がり、全てのエネルギーと

繋がり、それは素晴らしいものでした。

静寂の大海を泳ぐ鯨のようで、ここは

涅槃だと思った。私のこの壮大な大きさ

は私の小さな肉体に戻して閉じ込める

ことはできないだろう。

 

瞬間瞬間は泡のように消えるものでは

ない。

過去、未来の時間もなく、『今、ここ』

に在るもの、宇宙との一体感や平和的

幸福感、そうしたものを全身で体感して

いた」との事でした。

ビデオではその時の左脳や右脳の状態

も表現されています。

 

~ここで左脳、右脳の働きを確認~ 

<左脳の働き:思考と論理>

言語、理性、論理、計算、分析、科学的思考

<右脳の働き」知覚と感覚>

直観、感性、芸術性、創造性、空間・図形の認識

 

外の世界を理解しようと最小限の情報を使って

勝手に物語を作ってしまうのだと。

 

「勝手な思い込み」

「根拠のない思い込み」

というやつです。

 

しかし、これこそが、あなたの持っている

可能性を引き出す鍵になっています。

 

私たちには皆このような平穏な幸せを

感じる力がそもそも備わっているのに、

「こうしなければいけない」という左脳

のコントロールが支配し始めると幸福感

はブロックされてしまうのだそうです。

 

左脳はプラス思考でもマイナス思考でも、

それを信じさせようとする力が働きます。

 

ネガティブな感情が湧き起こり、勝手な

マイナスの物語を形成し始めたとしても、

今の感情的な自分を冷静に俯瞰して観る

ことで(客観的にみる)、心が落ち着き、

自分は本当にネガティブでいる事を望ん

でいるのかどうかを問えば、自分の本質

にある答えが返って来ます。

こうして左脳と右脳のバランスが保てる

ようになると、感情に振り回されなく

なります。

 

私はこの事実を知り、マインドと脳の

コントロールにより、そもそも宇宙とは

容易に繋がることができ、我々人間が動

物の中で唯一与えられた「創造力」を活

かすことで不可能を可能にするのだと思

いました。

 

そんなわけで、より良い自分を作るには

「私はもう出来ている」

と信じ込ませることが手っ取り早いです。

 

これを言い続けて、やり続ければ脳自体

が「出来る」という確信モードになり、

私達の見えないサポーター(守護霊・精霊

・天使・マスター・神様など様々な存在達)

がどんどん応援し始め、次々とシンクロ

(ヒントや気付きのアドバイス)を起こし、

宇宙の流れに乗る事で私達の願望が近づ

いて行きます。

ですので、変に頑固や悲観的になったり、

執着を手離せないでいると、この宇宙の

流れに中々乗ることができず、自分の本

来の生き方から遠ざかってしまう事にな

ります。

 

探求すればするほど、私達の根源が何で

あるのか、その好奇心に尽きない宇宙の

神秘を私達はこれからも着実に知る事に

なるのでしょう。