スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

お菓子のエネルギー

昨日はバレンタインデーでしたね。

 

お菓子にもエネルギーがあって、

超空腹の時に頂いたお菓子は、

とても美味しく有難い!

歓喜の声が上がる時がありますよね。

 

登山をされる方はよくご存知かと思いますが

例えば、山登りで遭難しかけた時、助かる

人の条件の中に「チョコや飴を食べていた」

という人がいます。

 

私の姉は仲間と富士山の山頂まで登った時、

途中、悪天候になりガスも立ち込め視界が

悪く雨も降り出し、あまりの寒さと疲労

ピークに達し、精神的に不安定になっていた

時に、飴やチョコを食べたそうです。

その時、本当にパワーをもらって生き返る

ようだったと言っていました。

 

 

姉が仲間にも事前に飴やチョコを渡していた

ので、後でみんなから「あのお菓子が無かった

ら、どうなっていたことか・・・。本当に

助かった。ありがとう。」と言われたそうです。

それくらい、過酷な状況だったと言っていました。

 

(なお、罰ゲームよりもひどかったが、山頂は

神々しい朝日を拝めて最高だったとの感想。)

 

これは登山の例ですが、人は生死の危機に

晒されるような状況に陥った時に、思考が

不安定になり幻覚や幻聴を引き起こし、

錯乱してくるそうです。

 

こうした状況に飴やチョコなどの小さくて

軽い食品を携帯して糖質を補給する事で、脳細胞

の神経伝達を正常し、適切な判断が行えるよう

回復させます。

 

勿論、日常生活の中で過剰に摂り過ぎるのは

体に良くないので、できれば果物や野菜を

たくさん摂った方が良いでしょう。

ある論文ではその方が、脳内が活発に

なり、集中力や創造力が増し、幸福感

が強くなるそうです。

 

そういうわけで、日頃からバランスを考えながら、

必要なエネルギー補給をして心身を快適に

整えていきましょう。