スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

幸せを齎す心の習慣7-4

感情のコントロール

 

人間の感情はあらゆる影響を受け、その

都度変化する。

どのような感情が湧き起こったとしても、

それは自分の本能にある素直な気持ちとして

受容しよう。

 

その前に、過去に関わる記憶の感情について

ご紹介しましょう。

 
知人に「鳥が嫌い」という人がいて、
鳥からつつかれたとか、何かをされた
訳でもないのに、何故か鳥が子供の頃
から嫌い。という人がいます。

 

何故鳥が嫌いなのか、彼女に意識を集中
してみたところ、ある生物と重なって
見えました。

 

その生物は「カマキリ」。

 

等身大のカマキリが彼女と重なって
見えたのです。
これは地球の記憶ではなく、宇宙の
ある星にいた時にカマキリだったん
ですね(笑)

 

地球にいる生物は宇宙にもいる、
またはいたわけですが。

おそらく宇宙戦争時代のようで、鳥系
の生命体から攻撃を受けていました。

 

潜在意識の記憶が深く残ったまま転生
したので、鳥を見ると理由は分から
ないけど恐れの感情が湧いて来てしまう
、というのはこれが原因だったのです。

 

自分では意識はしていないけれど、
恐い記憶、辛い記憶、悲しい記憶等は、
転生前のトラウマであることもありま
すので、なんとなく意味不明な感情に
心当たりがある方は、その感情を解放
すると意図しながら宣言し、癒して消
していくイメージでやってみるとよい

でしょう。

 

直ぐに消える程たやすいものではない
ですが、何もしないよりは自分の意志
でやってみる、という事が一番の癒し
になります。

 

今のは過去生に関わるお話しで、

例えば、現実社会において、もし誰かに

ひどい事を言われ傷ついたのなら、2つの

対処方法があります。

 

1)スルーする

私達のこの世界は現実世界と言われているが、

実際はこの世は仮想世界で実体が無いのである。

あの世の世界こそが本物の世界。

だからいちいち反応しなくても、スルーすれば

よいのである。

 

2)その気持ちをありのまま勇気を出して

相手に伝えてみよう。(感情的にならずに)

自分がその時どのような気持ちになったのか、

「正直に誠実に伝える」ことで、大概のことは

丸く収まる。

 

もしそれでもひどい事が続くようなら、その相手

の人が相当深いトラウマを持っている為、

極力関わりを持たない方がいいでしょう。

(こういう方は専門のセラピストの治療が

必要になる事が多いからです。)

 

上記はあくまでも例であり、

何が正しいとか良い、というわけではないです。

複雑で色々な要素(カルマ)が関わっている程、

簡単には解消されません。

ですが、自分自身の意識レベルを上げ、常に

浄化を実践することで、気にならなくなるまで

の状態まで持っていく事が可能な人もいます。

自分を大事に、自分を愛すること、癒すこと。

それが出来る人は、囚われた思いのある自分

自身の解放も早いのだと思います。