Blue Wave

不思議な世界・スピリチュアルなお話

スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

気象操作について

f:id:hana7_1111:20190626231846j:plain

前回、大雨の時に「これはおかしい」と

私が記事にしたものがありましたが、覚

えていらっしゃいますか?

 

ここ数年、尋常でない豪雨が発生したり、

台風も季節に関係なく次々発生したり、

北上したと思えばUターンして、突然

意外な方向へ進路変更したり、奇妙な

動作が観測されて来ています。

また、突然の大雨の時に雹が降ること

も多くなりました。つい先週もそう

でした。

 

昨年の西日本豪雨も台風7号と梅雨

前線の影響によるものでした。

2018年(平成30年)6月28日から7月8日に

西日本で発生した集中豪雨は死者224名、

行方不明者8名、負傷者459名の甚大な

被害をもたらしました。

 

この状況で安倍内閣の官僚達が

飲み会をしていた事が大きく報道

され、対応も遅れて酷い状況だった

事は記憶に新しいと思います。

 

また、私がまだ20歳頃だったと思い

ますが、雷が流行っていて(という言

い方も変ですが)、雷にやたら打たれ

る人が続出した年がありました。

自然の脅威というけれど、こんなに

頻繁にあるのだろうか、と心に引っ掛

かり、その時「実験」というワードが

ビジョンに現れました。

一瞬ゾクッとしました。もしそうだと

したらとても恐ろしい事です。

そんな筈はないと、その時は否定した

のですが・・・。

 

しかし、掘り下げて調べてみれば、

「気象操作」は52年も前から既に

実践されていたのです。

 

<気象操作の記録>

1967年ベトナム戦争で洪水や干ばつを

人為的に発生させ、人や物資の移送を

妨害し、経済的に崩壊させる事を目的

アメリカは『Operation Popeye』を

3月から1972年7月まで実行しました。

 

モンスーン・シーズンを延長させる

ことに成功し、1971年に北ベトナム

国土の1割を覆うほどの大洪水の原因

となったと言われています。

 

<本当に雨を降らせる事は可能なのか>

ジュネーブ大学のジェローム・カス

パリアン教授は、大気中にレーザー

を照射、原子から分子を引き離すこ

とで、人工的に雲を発生させること

に成功、ドイツで行われた野外実験

でも一定の成果をあげたとの報告が

されています。

科学誌New Scientist」(2010/5/2

 

<1992年に発生した2つのハリケーン

「イニキ」と「アンドリュー」について

シミュレーション実験を行った。この結果

,温度や風の初期値をわずかに変えること

でハリケーンの進路を誘導したり,暴風

の及ぶ範囲を縮小できることがわかった。

日経サイエンスより)

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0411/typhoon.html

 

 

<人工降雨の方法 :Wikipediaより>

雨ができるには、核になる粒子と低温の雲が必要で

あるが、ある程度発達した積雲層積雲の上部では

温度は0℃以下になっているものの、氷点下15℃くら

いになるまでは、過冷却と言ってまだ水滴のままで

あり、雪片の形成に至らず、雨は降らない。

そこへ、強制的に雪片を作るような物質を散布して

やれば雨を降らせる可能性ができるわけで、これが

人工降雨の考えである。このような方法は、クラウ

ドシーディング(cloud seeding、雲の種まき)、

あるいは単にシーディングとも呼ばれる。

 

<材料>

材料として、ドライアイスヨウ化銀

が用いられる。ドライアイスを飛行機

から雲に散布する事で温度を下げ、ま

ドライアイスの粒を核として氷晶を

発生・成長させる。

またヨウ化銀の場合は、その結晶格子

が六方晶形と言って氷や雪の結晶によ

く似ているため、雪片を成長させやす

い性質がある。

 

<散布の方法>

飛行機を用いる他、ロケットや大砲に

よる打ち上げもある。ヨウ化銀の場合

は、地上に設置した発煙炉から煙状に

して雲に到達させる方法もある。

 

ヨウ化銀は弱い毒性があり大量に異常

摂取すれば悪影響もありうるとされる。

 

<実施例>

中国では進行する砂漠化に伴う水不足

対策のため、気象局がヨウ化銀を搭載

した小型移動式ロケットを打ち上げて、

世界でも最大規模の人工降雨を行って

いる。

北京五輪開会式当日にヨウ化銀を含ん

だ小型ロケット1104発が市内21カ所か

ら発射された。効果は不明であるが、

開会式は晴れだったため、雲の消散に

寄与した可能性は否定できない。

 

日本でも人工降雨装置が試運転された↓

ダムの貯水量低下に伴い、小河内ダム周辺の人工的に雨を降らせる装置の試運転を実施。

山梨県甲州市 2013年

 

人工降雨はその他、アメリカ、ロシア

、インド、フランス、スペイン、オー

ストラリア、アフリカ等々も実施して

いる。

 

下記内容も報道されました。

米軍は『2023年までに気象操作

技術を完成させる』と発表していた。

 

1980年、米国は軍事目的の気象操作を

禁止する条約を批准。しかし軍部からは

気象操作を再開する提案が浮上していた。

f:id:hana7_1111:20190626231544p:plain

空軍が委託した1996年の調査書には、

「われわれの構想では、軍は2025年まで

に、作戦能力の達成のため、中規模(200

平方キロメートル未満)または微小規模(

局所)で気象に影響を及ぼすことが可能

になっている」と記載されていた。

 

f:id:hana7_1111:20190626231548p:plain

 (読売新聞)

 

 <気象兵器と呼ばれるもの>


 

<気象兵器の実態>

 

日本に台風が接近しています。

日本人は龍との繋がりが深いので、被害が

出ないよう、地盤の調整を黒龍に、浄化を

青龍にお祈りしましょう。

今は多くのサポーターが地球に来ていますし、

例え実感できなくても、その想いは伝わり

ます。

影響のある地域の方は十分にご注意ください。