Blue Wave

不思議な世界・スピリチュアルなお話

スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

これからどうなるのか

f:id:hana7_1111:20190220074806j:plain

本日はスーパームーンですね。 

激動の2020年ですが、ウイルスに関

係なく世界を揺るがす事象は怒涛の如く

来年まで続くと思われます。

 

ところで、

緊急事態宣言の裏で起きていること。

イベント後は闇の組織の大量逮捕があり、

これは既に始まっていると思われます。

 

各国の王室、政治家、有名人、著名人、

CEOなど、表向きには新型コロナウイル

スの感染や辞任として報道されています

が、実際は逮捕を示唆しているようです。

しかし個人を尊重し真実を公表されない

まま消える可能性があります。

 

そしてこれまでの地球に何が起きていた

のか開示されるでしょう。

 

その内容は信じ難く悲しい出来事も含ま

れますが、事実が一般公開されるという

事は、闇が一掃され、監獄となっていた

地球が解放される事を意味します。

また、古い体質の金融システムは崩壊し

、これまで搾取されたお金は再分配され

、新金融システムの導入やフリーエネル

ギー、宇宙工学の技術活用により、貧困

や差別の無い社会、ゆとりのある生活、

難病の治療法など改善され、今よりも革

新的で豊かな生活が実現される見込みで

す。

 

※これは以前にも記事にしました「スラ

イヴ」の動画をご覧いただくと良いでし

ょう。(下記記事の下部に紹介有り)

但し、個人のアセンションというのは別

の認識で自分自身の闇を手放し、高次元

の周波数と同調することが必要であると

私は捉えています。

 

さて、先日の「イベント:世界同時瞑想」

で臨界点に達しました。

この臨界点は1つのバロメーターですが、

今後の宇宙の流れを表す「天の気泡」

について説明したものが下記になります。

 

ちょっと難しいですが、量子力学的なエネ

ルギーが関係しており、今後の成り行きを

示している重要な内容となりますので、是

非ご一読ください。

 

「天の気泡」

f:id:hana7_1111:20200429090826j:plain

まず、相転移の6段階の詳細を説明します。各段階の相は、地球の完結したアセンションの段階で、数か月から数年の間継続するものと推定されます。


https://en.wikipedia.org/wiki/Ising_model

https://www.researchgate.net/figure/Ising-model-simulations-of-a-dynamic-system-at-critical-and-non-critical-temperatures_fig1_24214223

 

 相転移第1段階は、界面蒸発段階と呼ばれるものです。この段階は、2012年に始まり、2019年1月21日に終了しました。界面蒸発段階とは、熱流束(すなわち、銀河のセントラルサンからのエネルギー)が、界面(すなわち、地上)に投与されて、界面上に対流電流が発生します(2012年から2019年の間の地上の住民の覚醒に相当)。

相転移第2段階は、泡の凝縮の段階です。この段階は2019年1月21日に開始し、現在継続中です。この段階では十分な分量の熱流束が地表に投与されて、地表のごく小規模で独立した複数の地域において、液状水(マトリックス下にある社会)から水蒸気(銀河の社会)への純粋な相転移が発生します。この泡凝縮段階では、イジングモデルに完全準拠して天の気泡が、発生し、再様式化し、再編成します。


この段階で天の気泡は、小さなエントロピーを伴ってゆっくりと徐々に拡大し、一方で周囲のマトリックス下の社会は、大きなエントロピーを伴って徐々に不安定化します。

これがまさに、外部的な日々の政治活動には目が向かなくなり、内面的なスピリチュアル面での成長に関心が向かっているという方がいる理由です。

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/27/kp-message-1-27-19-a-few-notes-of-possible-interest-to-a-few/

 

相転移第3段階は、気泡上昇段階と呼ばれるものです。この段階では、銀河のセントラルサンから熱流束が指数関数的に立ち上り、イベントの瞬間に熱流束がピークに達するまで天の気泡が活発に形成されて、マトリックス下の社会を積極的に崩壊してゆきます。

イベントの瞬間は臨界熱流束の瞬間で、マトリックス下の社会が崩壊し、宇宙人との接触があり、旧社会のエントロピーの要素は迅速に排除されて、第4段階に入ります。

第4段階は、不安定境膜沸騰段階と呼ばれるもので、天の気泡が地表で安定したネットワーク(膜)とつながり、それが新社会のバックボーンを形成します。そこでは、社会自体が全体としては不安定ではありますが、処理を進め、統合し、安定化に向かいます。光の島(Islands of Light)が完全に形成されて、宇宙人との接触が積極的に起きます

第5段階は、安定境膜沸騰段階と呼ばれて、地上の光の島が活発な転換・反転区域となり、個人または集団のアセンションがそこで起きます。アセンションの第1波は、数千人の規模となります。その内から地上にアセンデッド・ビーイングとして戻ってきて、アセンション第2波として数十万人規模の方がアセンションする準備をします。地上に戻った方の中で、人類の第3波の準備をする方もいます。

第5段階では、地上の住人は、新たな高度の技術を完全に取り入れて、全体として光を受け入れられるようにヒーリングされます。

第6の段階は、最終的なフラッシュの段階です。相転移が完了します。銀河のセントラルサンが、ソーラーイベントを起動し、地球のポールシフトが起きます。第3波では、数百万人がアセンションし、それ以外の人類は地表から銀河艦隊に避難し、そこから人類の新たな故郷となるプレアデス星団のなかの適切な星に輸送されます。

その段階で、地上は津波が襲い、地球をきれいに洗い流されます。影響を受けない地域は、光の島だけです。そこでは高度な光の生命体、多くはあなたのような方です。次に、新地球でニューアトランティスが構築されます。

さて、全体計画を理解していただきました。光の勢力は、台湾北部30億人を収容できる地下基地の建設を完了しました。小規模な地下基地としては、中央ヨーロッパに1カ所南米でも1カ所あります。アフリカでも1カ所計画されています。これらの基地は、避難場所の選択肢として使用可能です。


時はいま、情報オタクに有利に働きません自分の人生を自分の手でつかむ人に有利に働くのです。いま皆さんの状況がどうであれ本気で真剣にやれば、イベントの時期に関係なく、数年以内に皆さんの人生ははるかに良くなります

プレアデス人は、地上の住人の最覚醒層の覚醒度を積極的に監視・評価・奨励しています。そして、公平でありながら愛のあるエネルギーを誰にでも送っています。

ワークショップの準備中に、ハンガリーで光の柱が出現しました。


<発信元:PFC‐JAPAN>

アセンションは一説では2033年頃に完了する

だろうと言われております。