Blue Wave

不思議な世界・スピリチュアルなお話

スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

菊理媛尊と緊急ワーク

 

f:id:hana7_1111:20200825081314j:plain

【白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)】

 

次のステージの移行を目前にして、

前回記事にしました「白山比咩神社」

にて菊理媛尊と白龍よりあるモノと叡

智を頂きましたので、今回本ブログに

て緊急ワークを提供させて頂きます。

 

菊理媛尊(くくりひめのみこと)の役割

菊理媛尊はイザナギイザナミの夫婦喧

嘩を仲裁した神と日本書記に記されてい

る神様。

人と人との縁を繋ぎ繁栄をもたらす、ま

た、不要なものを一括りに縛り、断ち切

り、良縁を結ぶのを得意としています。

※きくりひめとも呼ばれています。

 

「白龍」の役割

人生の目的や使命を思い出させ導いて行く。

雲と繋がりが深く自然の姿を伝えつつ諭し

気づきや悟りを促します。

人生と運命、宿命の守護者です。

 

潜在意識に眠る集合的無意識を呼び覚まし

、本来の自分の意志に従って、この先の望

む未来を切り開き加速させていく為に、ま

ずは過去の古いエネルギーや執着を断ち切

ることが必要です。

f:id:hana7_1111:20200825081150j:plain

幣拝殿にて

 

こちらであるものを受け取りました。

 

それは金色で模様があり、両端は赤色の絹で

縁取りされた幅7,8cm、長さ80cm位の帯

のような紐のようなものでした。

とても絢爛豪華で上品で、思わず見惚れました。

菊理媛尊より「自分が手放したいものを断ち

切る道具として使いなさい。」との事でした。

 

今世の私達は、本来の自分を思い出し、本

当の自由を得る為に転生しています。

これからは個人の意識がどんどん開かれ、

宇宙もそれを定期的に促しています。

ただ、願っていない、望んでいない、今

のままで良い人は別の道を歩みます。

 

今回はブログにて下記手順を参考に、ご

自分でワークを実施して頂きます。

 

菊理媛尊・ワークⅠ

1)このページを開きながら、

「菊理媛尊(くくりひめのみこと)の紐を

頂きます。」

と言います。(心の中でも構いません)

 

2)架空の大きな袋の中に、自分が手放

したいものを入れ、この紐でぎゅっと縛り

ます。

 

・過去の執着や固執した考え方

・意味を持たない習慣

・ネガティブ意識や思い込み

・自分の性格で嫌に思う所

・今までの生き方

等々。

 

あなたが断ち切りたい、変えたいと思う

全てのものです。

 

3)これを天の川へ流します。

流した袋はセントラルサンで昇華されます。

 

白龍と白山霊水のワークⅡ

f:id:hana7_1111:20200825095428j:plain

1)上記の写真を見て、この空間へ来てい

るようにイメージしながら、

「【白山霊水龍】しらやまれいすいりゅう

のエネルギーを受け取ります。」と言い、

(心の中でも声に出しても構いません。)

両手を差し出し、エネルギーを受け取った

ら、自分のハートに収めます。

 

2)あなたは大きな滝の中に入り、神聖な

水があなたの何層も深いレイアーの中に、

こびり付いた古いエネルギーを流し、細胞

の隅々まで清めていく事を視覚化します。

 

3)目の前に巨大な白龍が現れ、背中に乗っ

て、黄金色の光の中へ進んで行きます。

 

4)見た事もないような美しい地球が見えて

来ます。

この時、あなたを迎えた天使またはマスター

がいます。

(私の望む道へ進めるようこれからもサポー

トして下さい。)と心の中で伝えます。

 

※愛と悦びがあるワンネスの世界へ導いて

下さい。とか、自分が思う望みを伝えると

いいでしょう。

 

注意事項

※写真にエネルギーを封じ、このページと

繋がるよう設定している為、ワークを実行

する際は、必ずこのページを開いた状態で

行って下さい。

 

エネルギーワークは8月31日まで有効です。

この一連の流れは1回だけですが、やり直

したいと思った場合はやり直しても構いま

せん。但しひとり3回までです。

 

※地球が見えて来なくても、高次元の存在達

が感じられなくても、あなたのイメージで

行うことが重要です。

  

※通常のワークと違って個人で行う為、意識

をしっかりフォーカスしないと、無意味な

ものになってしまうので、その点は十分ご

注意下さい。

 

<ワーク後について>

※水分補給をして、エネルギーを馴染ませま

す。

※瞑想をすると、高次の自分と繋がりやすく

なる為、日々瞑想することをオススメ致し

ます。