スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

「フラワー・オブ・ライフ」により解き明かされる


f:id:hana7_1111:20170916235403p:plain

先月の皆既日食が終わった翌日、瞑想時にこの模様が出て来ました。

それは宇宙の中にぽっかり浮かんでいて、光輝くラインで描かれていましたが、突然私に向かって凄い勢いで七色の光が放たれて来たので、その時はとてもびっくりしました。

フラワー・オブ・ライフ神秘の幾何学模様。

 

 

はじめに「フラワー・オブ・ライフ」とは

 

世界中の遺跡や建造物で確認されている、神聖幾何学の図形で、7つかそれ以上の円で構成され、花のようなパターンを象っています。

この「フラワー・オブ・ライフ」は、黄金比(最も美しく調和と安定を保った)で描かれ、宇宙に存在する生命の根源とされ、自然界にある森羅万象の(生命あるもの、分子、原子、物質、ハーモニクス、惑星等も含め)全てのものに見られます。

 

世界中で見られる不思議な模様

 

エジプト:アビドスの古代寺院

フラワー・オブ・ライフ花崗岩に高度な技法で焼き付けたとされています。

f:id:hana7_1111:20170916235407j:plain

 

 

曼荼羅

f:id:hana7_1111:20170916235537j:plain

 

その他、トルコ、ギリシャルーマニアイスラエル、イギリス、アイルランドチベット、中国、日本、等の建造物にも見られますし、模様として隠されている場合もあります。つい最近、私自身もある神社の狛犬の前足の石に、このフラワーオブライフが描かれているものを見ました。

 

生命の根源

 

生命の根源として生物学的に明らかになっている点と言えば、卵子精子が受精することですが、この細胞分裂の初期段階がフラワー・オブ・ライフの形に似ているのです。

f:id:hana7_1111:20170916235542j:plain

 

 

 

 

種→木→花→果実と変化するパターン

 

ヴェシカ・パイシーズ(vesica pisces)

2つの円が交差した部分が魚に見えることから魚の器(vesica pisces)と名付けています。

キリスト教がまだ新興宗教だった頃シンボルは魚のマークで、生命の始まりを意味しました。

f:id:hana7_1111:20170917165142g:plain

 

シード・オブ・ライフ(生命の種子)

光を創造し、全ての生命が最初に創りだす形。

f:id:hana7_1111:20170916235552p:plain

 

エッグ・オブ・ライフ

内側にある灰色に円と太い線は創世記の6日間 を表し、円の中心を線で繋ぎ立方体を作っています。球の間の距離が音楽のトーンとハーフトーンの間の距離と同一であるとして、音楽の基礎を形作っています。

f:id:hana7_1111:20170917165145g:plain

 

ツリー・オブ・ライフ生命の樹

フラワーオブライフの中にツリーが隠されています。

この樹はやがて花を咲かせ果実を実らせます。

古代ユダヤカバラでは(セフィロトの樹:Sephirothic tree)

f:id:hana7_1111:20170916235545j:plain

 

フラワー・オブ・ライフ(生命の花)

私達の身体の中に深く刻まれていて、すべての生きとし生けるもののあらゆる側面が内包されています。

男性性(左脳)と女性性(右脳)の調和やバランスを保ちます。

これを見た時にあなたはどのように思うのでしょうか。

「不思議な模様だな」「どんな意味があるのかな」というように感情・感覚を司る(右脳)と論理的な考えの(左脳)がバランスよく働くことで、脳が正常に活発していることになります。「どんな秘密が隠されているんだろう」というような論理的な考えだけに囚われていると、あなた自身が生活の中でも偏った見方をしてしまい、エゴが発生しやすくなります。

f:id:hana7_1111:20170916235657p:plain

 

フルーツ・オブ・ライフ(生命の果実)

13個の球体で出来た円は女性エネルギーで、この13の円に男性エネルギーとしての直線を加えると、13通りのパターンが完成。これは、そこから存在するもののすべてが創り出されていて、過去や現在だけでなく未来が今よりも更に広がる可能性を暗示しています。

f:id:hana7_1111:20170916235549j:plain

ドランヴァロ メルキゼデク (著), フラワー・オブ・ライフ ― 古代神聖幾何学の秘密(第1巻) 参考

                   

レオナルド・ダ・ヴィンチは絵画、彫刻、建築、発明、音楽、解剖学等、多くの分野に精通した彼は、このシンボルを絵画の中に取り入れています。

彼は、晩年「円」に興味を持ち神聖幾何学を探求されていたようで、「フラワー・オブ・ライフ」に似た「シード・オブ・ライフ」、「エッグ・オブ・ライフ」、「フルーツ・オブ・ライフ」と呼ばれる3つのシンボルを描いていました。

 

ここからが本題です

 

現在、地球を中心に宇宙が変化しています。フラワー・オブ・ライフは全ての生命が宿る起源がそこにあり、1つ1つが意味を成して繋がり、新しい宇宙を創生していくために、現れて来ているように私は感じました。

 

左図の中央上の隠れた円(未記載になっていますが(10.ダート:知識)のこと)

が浮上してくる。

知識とは隠されていたものが公になるという意味と捉えています。

 f:id:hana7_1111:20170917000113j:plain

真実が明らかになる

 

偽りや隠ぺいされていたものが、明らかになっていく時代へ

 

・発見されていたフリーエネルギーの実現

・禁止されていた高度なテクノロジーが広まる

・金融機関の崩壊

・飢餓の救済

 

地球にはフリーエネルギーがあります。地球と人類が本来の生命の法則に従って、宇宙のエネルギーに満たされ、 自由に生きられるようになります。しかしそれはまだ公に活用できる状態ではありません。

 

それは下記映画が科学的にも追及し証明しています。

重要なメッセージ

 

映画なので時間は長いですが、とても重要な内容です。

 

(私自身も最近この映画を知ったのですが、この事実は人類が知るべきことだと切に願っています)

 

フラワー・オブ・ライフ、ミステリーサークル、

 本来地球が持っているフリーエネルギー(トーラス)について

※現代の金融システムを廃止することで世界中の人々が豊かになれる方法、等

 

フリーエネルギー(トーラス)の説明


どうしても時間がない方は5分バージョン

フラワー・オブ・ライフについてはカットされています。)

フリーエネルギーを使用することで送電や石油を使わなくても済むようになります。

つまりガソリンも不要になるのです。地球を汚染したり破壊しなくても、地球自身のエネルギーで私達は生活していけるようになります。

古代文明が教えてくれた(10.ダート:知識)を開示し、利用する日が近づいているように私は思います。