スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

あなたの中の太陽

宇宙変革の波で、覚醒が進む一方

本来、自分が望む人生を生きていない方は

カオスに陥ったり、様々な影響を受けて

いると思われます。

 

また、複雑な社会の中では人間関係に悩む

ことも少なくないでしょう。

 

そこで宇宙に意識を向けた時、下記のような

メッセージを受け取ったので、ご参考までに。 

続きを読む

ココホグ(心を解す)

自分の好きな事に夢中になるのは

ドキドキ・ワクワクしていいけれど、

そればかりにのめり込むと一種の

「中毒」に陥り、突然それを取り上げ

られたり、喪失した際は立ち直れない

程、心がブルーになってしまいます。

恋愛についても然りです。

 

 私自身もそういう経験を沢山して来ました。

そこから学び得たことは、

 

「これが無くても生きられる」と

いつでも次へ進める健気で逞しい自分に

なっておけるよう、日頃からバランス

の取れた自分を作っておくことが必要、

ということでした。

 

私自身、スピリチュアル漬けになって

いるわけではなく、時間を決めて適当に

やりたい事を楽しんでいます。

 

これは脳の緊張を解したり、新たな刺激

を注入することで活性化され、体にも良い

エネルギーが巡ることで、受容能力も高ま

り心身ともにバランスを保ち易くなるから

です。

 

そんなわけで、自分が喜ぶことを見つけて

楽しむことが、心と体に栄養を送る事に

なるんですね。

些細な喜びで、十分ネガティブを吹き

飛ばす効果があります。

 

本日は可愛い動画や楽しい動画、画像を

見つけたのでご案内します。

「動物達のミッションインポッシブル」

是非見てやってください。癒されます~(^^♪


今朝の出来事

f:id:hana7_1111:20181014105505j:plain

【今朝の空】彩雲が少し出てくれました

 

今朝の東京は雨が降りながらも光が急に

差して来て清々しかったです。

秋の気配を身近に感じる景色の変化に

目が留まりますが、皆様の中にも

これから飛躍的な変化を迎える方も

多いのではと思います。

 

公園でちょっとしたエネルギーワークを

やっていたんですけど。面白いことが。

 

シジュウカラという、公園で良く見かける可愛い

小鳥3羽がやって来て、私の正面にある樹に飛び

移っていったんです。

 

「可愛い小鳥ちゃんが来て良かったね」とその樹に

言ったら、その樹が突然大きく左右に揺れ出したので

びっくりしました。


他の樹は揺れていないのに、その樹だけ

大きく4,5回左右に揺れていました。


その光景をぼ~然と眺めていたんですが・・・(;''∀'')

 

これからはおやっ!?って思う超常現象的なことも

目にするようになって来ますので、ちょっと注意して

みてくださいね。

怒りや悲しみの感情を解消する方法

嫌なことがあって腹を立てたり、

悲しい事があって辛いとき、

 

自分のハートから、それを訴えている

自分を取り出し、手のひらに乗せて

話しを聞いてみましょう。

 

「こんなことを言われてショックを受けた」

「あの人ばかりひいきにされ、自分は認められていない」

「私は失敗ばかりしてダメな人間なんだ」

 

その小さな自分の話しを残らず聞いたら

 

「よし、よし」と撫でて癒してあげましょう。

 

一生懸命、訴えている自分も可愛いじゃないですか。

そういう自分も抱きしめて受け入れましょう。

 

そして何か言葉をかけてあげましょう。

例えば、

「大丈夫だよ、私はあなたを愛しているから」

 

そうすると、不満や嘆きを言いまくっていた

小さい自分がパッと明るくなり、笑顔になります。

 

そしてゆっくり自分のハートに戻してあげましょう。

 

内観することが上手くできない方や

自分を自分で癒すことが苦手と思っている方、

是非試してみてください^^

幾万年を越えて

私達の魂は何度も輪廻転生を繰り返し、

長い長い旅を経て、今の自分の肉体に

宿りました。

 

とてもとても辛い事も楽しい事も

沢山経験して来た魂です。

 

やっとあなたの所に、

今生は私の望む通りの人生で生きるんだ!

と辿り着いたのです。

 

だから、もっともっと大事に

もっともっと愛してあげましょう。

 

アトランティスや様々な古代の封印が

解かれ、新しい創造の世界へ移行して

います。

 

美しい魂たちが寄り添い、愛と調和を

感じながら、新たな扉を開き祝福する

時が来ました。

 

この特別な日にご自身と地球へ愛を送って

生命の喜びを感じて頂けると幸いです。