スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

千種稲荷神社 厳格な神様(千葉 墨田区)

4/21(日)に千葉県墨田区錦糸町公園で

フェスティバルがあるという事で、早朝から

行ってきました。

 

こちらの公園は以前お花見に行ったことがあり、

噴水、野球場、野外イベントスペース等々、

駅近にしては広い公園です。

 

この公園の片隅に神社があったので、早速ご挨拶に。

f:id:hana7_1111:20190422234546j:plain

千種稲荷神社

御祭神:宇迦之御魂神

 

とてもこじんまりした神社です。

 

鳥居をくぐると強い力を感じました。

(ん?何かここは違う。)

思いの外、良い「気」で崇高な感じが

しました。

 

手水舎で清めて、早速手を合わせた時、

直ぐに神様が出ていらっしゃいました。

内心、遠くから見た時に神様はいらっし

ゃらない神社かもと思ったので、素早く

出て来られてびっくり。

 

体が途端にぽかぽかと暖かくなって来て、

とてもパワーを感じました。

同じ神様でも場所によって全然違うんです

よね。

 

(火のエレメントと関係があるのかな~)

目を瞑っていると、大火のような光景が見えて

きました。古い時代の昔の建物が火に包まれ

ているような状況です。この辺で火事でもあ

ったかもしれない。

 

そう思いながら、感謝のエネルギーワークを

させて頂きました。

 後ろに男性の気配を感じたので、早く終わらせ

なきゃと思い、最後に礼をして振り返ったら人

は誰もいませんでした。

ただ、鳥居の真ん中にハトがいました。

 

そのハトが私の方へ向かって参道をトコトコと

歩い来たので、道を開けたら迂回されました(笑)

 

ハトは神の眷属(八幡神社)とされていますが、

どちらの神社にも大概ハトは見かけることが多い

ですよね。

こうしたハトでも、自分の近くに来るというのは

意味があります。

 

 

そのハトの様子を見ていたら、ちゃんと社殿の前

に来たんです。しばらくこの前でボーっとして、

f:id:hana7_1111:20190422234533j:plain

手水舎へ飛び上がり、身を清め(ちょっと水を飲み)

、私の方をじっと見ていました。

f:id:hana7_1111:20190422234925j:plain

 

その後、再び飛んで旋回し、またお賽銭の

前まで来ました。

 

ハトが来たのは、神様が喜ばれている事を

告げに来たようでした。

 

一枚目の写真は一番最後に撮ったものなので、

ハトが社殿の前にいます。

 

後で調べたところ、ビジョンの理由がわかりました。

f:id:hana7_1111:20190422234747j:plain

千種稲荷神社


<千種稲荷神社の不思議なお話>

江戸時代に当地の守護神として祀られていたが、

明治に旧陸軍糧秣廠本所倉庫がここに建設され、

稲荷社が撤廃された。

その後、同倉庫や周囲に火災が頻発。

放置していた稲荷社を再建したところ、火災の

発生は収束した。


関東大震災発生時の時は、周りは被害を受けて

いたのに稲荷社は少しの被害も受けなかった

という。

その後、公園が造られ神田より製菓業者が周辺

に営業を開始してから再び火災が多発。

 

ある時、静岡県より来たという行者が「当地に

祀られていた神社が、園内のいずれかに放置さ

れたままになっている」との事で、旧位置に

祀ると、やはり火災の発生が収まった。


空襲でも稲荷社は被害を受けず、境内に避難

した多くの人命を救ったという。

 

 <参考ページ↓>

お近くに行かれた際は、是非ご挨拶して

くださいね。 

 

さて錦糸町公園のレイアロハフェスティバル。

 

f:id:hana7_1111:20190422234738j:plain

ライブ

f:id:hana7_1111:20190422234743j:plain

フラダンス

f:id:hana7_1111:20190422234935j:plain

露店も出展され、沢山の人で盛り上がっていました。

 

フラダンスは神様と繋がりやすくなるので、

ご自身が躍らなくても、こういうイベント

に参加され楽しむことで、神々からの祝福

を受けられますよ。

 

ただ、イベントはこの前の土日の2日間だけ

だったようで、お知らせができずにすみませ

んでした・・・(-_-;)

f:id:hana7_1111:20190422234941j:plain

公園から見えるスカイツリー

錦糸町公園で毎年開催されているそうです。

これからも色々なイベントは開催されるよう

なので、ご興味のある方は是非チェックされ

てみてください。



最強のパワースポット 根津神社(2)

f:id:hana7_1111:20190421212127j:plain

つつじ祭り


話題の根津神社へ再訪しました。

何せ「つつじ祭り」は初めてです。

田舎から初めて都会へ出て来た若者のように

キョロキョロしちゃいました。

f:id:hana7_1111:20190421212004j:plain

沢山の露店が出て賑わっていましたよ。

f:id:hana7_1111:20190421211829j:plain

駒込稲荷神社

まずは駒込神社からご挨拶。

f:id:hana7_1111:20190421211918j:plain

曇っていたのに急に日が差して来ました。
打たせ湯のような光が強烈でした。

f:id:hana7_1111:20190421211911j:plain

相変わらず光が凄いです。

 

ここで思わぬ存在から歓迎を受けました

f:id:hana7_1111:20190421211820j:plain

どこにいるかわかりますか?

f:id:hana7_1111:20190421211811j:plain

このコで~す!

 

ニホントカゲかな。

実は2匹いたんですよ。

一匹はしっぽが切れていました。

このコはしっぽ長かったです。

 

最初は地面にいて、どんどん右側の

狛犬の方に登って行き、ここで一休み

している所です。かわいいですね~。

ひとりで眺めていましたが、参拝客は

どなたも気付かれませんでした。

 

トカゲさんは神の使いですから、

「ありがとうございます!」とお礼を

言って見守っておりました~。

 

 

続いて乙女稲荷神社を参拝。

直ぐに神様が出ていらっしゃいました。

とても温かいエネルギーを頂き、嬉し

かったです。

f:id:hana7_1111:20190421211901j:plain

ところで、ここ乙女稲荷の前の池で

あるモノを待っていました。

 

それは鯉です。

 

鯉が飛び跳ねた瞬間って絵になるな~と思ったので。

それで、龍神様にお願いしました。

 

すると、バシャバシャと聞こえて思わずシャッター

を切りました。

f:id:hana7_1111:20190421215702j:plain

帰りの電車の中で画像をチェックをしていたら、

かろうじて鯉飛び上がった後に沈む所が

撮れていました(笑)(画面中央一番右)

小っちゃ!

フレームギリギリ。

そもそも狙っていた訳ではないのでピンボケですが。

 

というか、本当に飛び上がるとは思っていま

せんでした。(;''∀'')

その時はバシャバシャ聞こえるな~という感じ

だったので。

 

これがもっと手前の真ん中辺りに高く飛び

上がってくれると、面白い写真になったでしょう

が・・・。と欲張ってはいけませんね。

フレームに入っただけでも奇跡です。

 

龍神様、ありがとうございます。

さすが!!

 

続いて社殿へ向かいました。

f:id:hana7_1111:20190421211957j:plain

長蛇の列です。

 

ただ、毎回神社へ伺うと思うことは、皆さん

真ん中でご挨拶しないとダメだと思われて

いるようなんですよね。

横や端っこでも同じなんですが・・・。

 

そもそも鳥居をくぐった瞬間からご挨拶を

していれば、ご挨拶の時間はかからないですし、

その時点で神様は分かっておいでです。

(神社では日頃の感謝だけ申し上げて、本当に

困った時だけ祈願した方がベターです)

 

ご挨拶は自分の名前、住所、日頃の感謝

この3つだけです。

 

ひどい所になると、たったの2列しか並んで

いないんですよね。

 

伊勢神宮でも「どこで挨拶しても同じなので

横に広がって下さい」と言われています。

全くその通りだと思います。

 

f:id:hana7_1111:20190421211949j:plain

社殿

嬉しかったのは、木々の葉が沢山落ちてきたことです。

(歓迎されてる~)って思うとテンションが

上がりました。

 

さて、本日のメインであるつつじ苑へ。

f:id:hana7_1111:20190421212256j:plain

f:id:hana7_1111:20190421212248j:plain

神池

「200円払わないと入れないの?」

と後ろから声が聞こえてきました。

そう、つつじ苑には200円必要なのです。

 

こんなにお客さんがいるし、100円でもいい

んじゃないの?って私も最初は思ったん

ですが、つつじ苑に入ってつつじ道を進むに

連れて、想像以上に広く、花々がとても可愛く

これは200円は妥当だと思いました。

 

周りからも(可愛い!)という声が上がって

いたんですよ。

これはお花達が癒してくれているんですね。

 

つつじ苑の維持費や神々様からの祝福を

受けることを考えると、むしろ安い方かも

しれません。

f:id:hana7_1111:20190421212134j:plain

この中ではひときわ珍しいオレンジのつつじ。

 

f:id:hana7_1111:20190421222328j:plain

f:id:hana7_1111:20190421212120j:plain

楼門が見える位置から

こちらはまだつつじが蕾でしたよ。

 

お花が終わっているところもありましたが、

蕾の所も多かったで、まだまだ楽しめます。

 

f:id:hana7_1111:20190421212215j:plain

楼門とつつじ

帰る前に楼門とつつじを撮ってみたら、

神々からの祝福の光の色が普段以上に

濃かったのに驚きました。

沢山の参拝客に祝福を降ろされていた

のでしょう。

神々もとても喜んでおいでだったように

感じました。

 

絶望と非絶望

有馬記念でも走っていたあの馬が

こんなことに・・。

と思うと本当に残念で無念です。

 

私は競馬ファンではないのですが、動物が

好きなだけに、競走馬の「シャケトラ」が

「骨折で安楽死」の訃報を聞いて本当に

ショックでした。

 

医学が発達した現代でも馬の骨折の治療は

難しく安楽死の処置が取られます。

 

安楽死の理由>

立てないことで内臓に負担がかかり、内臓

破裂や腸捻転等の内臓の病を罹ったり、

動けない為感染症も引き起こしやすく、ひづ

めの病気の蹄葉炎を発症したり、細胞の壊死

など、様々な病気にかかり最終的に苦しい

状態で死を迎えることになるからです。

 

これは名馬:テンポイントの死が大きな

教訓にもなっています。

 

テンポイントの悲劇>

テンポイント「流星の貴公子」:18戦11勝

第25回日本経済新春杯中に第3中足の解放骨折。

(レースで66.5kgの斤量によるハンデ有り)

 

33名の獣医師による医師団が結成され、大がか

りな手術と治療を施したが、蹄葉炎を発症。

次第に痩せていき容態が悪化して死亡。

 

以来、安楽死の処置を取るようになり、ハンデ

(競走馬が背負う騎手の体重や馬具の重さ)

の斤量も改められたという。

 

また、テンポイントの祖母に当たるクモワカ

馬伝染性貧血と診断され殺処分を申告され

た。その診断を不審に思った馬主や多くの

関係者に守られ、殺処分は延期となり北海道

へ。その後、馬の登録が許可されず民事訴訟

となり、波乱な状況が続いたが、最終的に

馬伝染性貧血」は誤診で終結

 

「クモワカ事件」で殺処分されなかった事

で、孫の名馬をこの世に輩出できたわけで

すが、テンポイント安楽死されなかった

事で苦しんで死にました。

 

2頭の馬を結び付ける「殺処分・安楽死

慎重に適切な判断の是非を世の中に問う為に

クモワカとテンポイントが命がけの大きな

お役目を果たしたのだと思います。

 

「シャケトラ、本当にお疲れ様でした。 

みんなに愛と喜びを与えてくれてありがとう。」

 

話しは変わりまして、

タイトルの「絶望と非絶望」

というのはシャケトラの事ではないのですが、

競争馬のように人の手に掛かって生きている

動物は、自ら生死の選択ができません。

 

下記の例は自らの選択肢はありますが、その先

はどちらも「死」しかないような絶望的状況。

 

日本昔ばなし」をご存知でしょうか。

年代がバレますね・・・。

先日、久しぶりにある調べものをしていて

観てしまいました。

 

私はこの話しを知らなかったので、最後は

どんな奇想天外な事が起きるのか、ハラ

ハラドキドキしていたのですが・・・。

皆さんがこの状況だったらどうしますか?

 

11分弱の動画です。

画質が古いのでご容赦ください。

 

 

人身事故(麻賀多神社の後記)

神社へ向かう京成本線に乗車中、急に

とてつもなくゾワゾワとした嫌な気を感じた。

という事を麻賀多神社(1)の記事で記載しま

したが、あのゾワゾワ感は多々事では無かった。

 

京成津田沼の前の駅辺りだったことを思い出

していました。

 

ただ、その時は敢えてチャネリングなど意識を

集中して使うことはせず、これから伺う神社の

事を考えていました。

 

帰宅後、夕方発生した酒々井~佐倉駅間の

人身事故をネットで見ていたら、

 

・7時過ぎに谷津駅で人身事故発生

京成本線は東中山~京成津田沼駅

 の運転を見合わせ

・10代の野球部少年飛び込み

 

というニュースが出て来てビックリ。

 なんと、当日の朝にも人身事故が発生

していて、私があの時感じたのは、

朝の事故の影響でした。

 

谷津駅は野鳥撮影で過去に何度か

利用した事がありました。

 (あの駅で10代の少年が飛び込み・・・) 

自ら命を絶つほど耐え難いことがあった

のかと思うと心が痛みました。

 

また、過去には谷津駅で人身事故が数回発生

していたようで、当時谷津駅を利用した時も

その周辺はあまりよくない気が滞っている

ように感じていました。

(これはまだ私がスピリチュアルに目覚めて

いない時でしたが)

 

そして、麻賀多神社(2)の記事で

(何の前触れもなく急遽ここに来る事

になるとは思ってもいなかったが前触れ

があった事を思い出した。)

 

という事も記載しましたが、

それというのは、

 

神社へ伺う数日前に、自宅のPCを立ち上げた

TOPページのニュースに「人身事故」の文字が

たまたま目に留まったのでした。

 

そこをクリックして開いた時、何故か下部に

ある「過去一覧」の方が気になり、

色々な路線の事故記事の中から、

「~京成津田沼駅 飛び込み 男性 死亡」

が記載されていた記事をなんとなく選択して

読んでいたのです。

 

その時に(なぜ私は今これを見ているん

だろう?京成本線は乗る予定は無いし、

そっち方面に行く用事も無いんだけどなぁ・・・)

と思ったことを後で思い出しました。

 

この数日後に急遽、麻賀多神社へ伺う

ことになり、この京成本線に乗って当日の朝

と夕方2回の人身事故(どちらも男性死亡)

が起きたわけですが・・・。

 

こういうシンクロは麻賀多神社へ伺う事を

示していた以外にも、浄化をしたり気の流

れを改善する必要がある場所を教えていた

ようでした。

 

まだまだ浄化しなければいけない所は

多いですし、1、2回浄化したとしても

クリーンな状態を保てる場所は少ない

と思われます。

 

皆様も、もし何か嫌な気を感じた場合

は、簡単に出来る方法として、

下記のように高次元の存在にお願いして

みましょう。

 

・マスターのエル・モリヤに

「エル・モリヤ、ここに来て下さい。

この場をクリアーにしてください。」

 

・セントジャ―メインに

「セントジャ―メイン、ここに来て下さい。

あなたのバイオレットフレームでこの気を

燃やし尽くして下さい。浄化して下さい。」

 

これは自分が何かに憑かれた時でも

対処方法として使えます。

綺麗な光のエネルギーが来てクリアに

なったイメージや紫の炎がメラメラと

その場を浄化していくイメージを強く

持つと、効果的です。

(その場の清涼感に気付くでしょう。)

 

お一人お一人が行うだけでも、場が

クリアになり波動が上がったり、

浄化されたりするので、結果的に地球の

波動上昇の貢献に繋がります。

 

必要な時にお使い頂くおまじないのような

ものとして、是非覚えて使って頂ければ

幸いです。

最強のパワースポット 麻賀多神社 本宮(2)

 

f:id:hana7_1111:20190414220609j:plain

左)拝殿   右)本殿

再び社殿の後ろを周りました。

両手がビリビリして来ました。

「この位置に来るように」と言われて写真を

何気なく撮ってみました。

f:id:hana7_1111:20190414230408j:plain

【下の方が青い神気の色に】

 

そして稲妻のような強烈な光が一瞬

差して来たのです。

ほんの一瞬ですが、ピカッと目が眩む

ほどの光に襲われました。突然の出来

事に呆然と立ち尽くしてしまいました。

f:id:hana7_1111:20190414015631j:plain

本殿

風も強く吹いて来ました。

(皆さんが想像されている姿ではない

ですが、ここに龍もいます。)

f:id:hana7_1111:20190415203211j:plain

【中央やや上に渦模様@】

本殿は凄まじかったです。

 

境内は涼しく清らかな気に溢れ、

神々の力強さを感じました。

ベンチが置いてある方面に

「大権現社」の案内板がありました。

f:id:hana7_1111:20190414234839j:plain

大権現社

20m位進んだ所にあります。

登山をした時のような透き通る山の

エネルギーを感じました。

 

こちらをご挨拶しエネルギーワークを

させて頂いたところ、仙人のようなお姿

でお出ましになりました。

とても優しい笑みを浮かべ、喜んで

いらっしゃいました。

 

そろそろ帰ろうとして時計を見たら、

16時。数名ですが、参拝客が入れ

替わるように来られ、途切れることが

ありませんでした。

 

名残惜し気に鳥居を出た時に、ハッと

気付きました!

国常立尊から「猫を持って行くように」

と言われていた事を思い出したのです!

 

猫とは置物の招き猫です。と言っても

ただの置物ではなく意志を持ち、

私をサポートできるスピリチュアルな

招き猫です。

 

「猫を持っていくように」と言われた

理由が不覚にもその時分かりました。

 

情報を降ろすのに私の頭ではオーバーフロー。

代わりにダウンロードできる存在が

必要だったのです。

 

波動が高く情報量も多い為、体もフラフラに

なり頭痛もしていたので、早く気付いて

最初から猫ちゃんを出しておけば良かった

のだ。。。。

 

そしてこの招き猫の気性がちょっと・・・

(さっさと仕事せい!)と棒でポカッと

されることもあります(笑)

 

猫ちゃんのご機嫌を取りながら、改めて

神様に情報を降ろして頂くようお願いしました。

(この時も体がグラグラしましたが)

取敢えず、しっかりダウンロード

させて頂きました(笑)

f:id:hana7_1111:20190415223917j:plain

駅に着いたら、京成臼井駅京成佐倉駅

人身事故の影響でダイヤが乱れていますが

再開している、というアナウンスが。

 

16:30分頃に発生したらしいです。

取敢えず今は動いていて、帰宅できそう。

 

車窓からは美しいマゼンダピンクの夕焼けが

見えました。

 

初めての訪問でいつかは伺おうと思って

いた麻賀多神社

予想以上に凄まじい神気で圧倒されました。

その神聖な気に触れさせて頂き、有難く

感謝すると共に頂いたエネルギーで今後の

活動に役立てたいと思っています。

 

(何の前触れもなく急遽ここに来る事

になるとは思ってもいなかった)と

最初にそう思った後、前触れがあった

事を思い出したのでした。

続く・・・。

 

<お知らせ~>

京成本線の電車に乗っていたら、いきなり

チューリップ畑と風車が見えて来ました。

これはもしやあの場所??

という事で帰宅してから調べたらやはりそうでした。

 

千葉県の「佐倉ふるさと広場」のチューリップ

今度の日曜日までです。4/15時点ほほ満開。

最寄り駅:京成本線 佐倉駅

平成31年3月30日(土曜日)~平成31年4月21日(日曜日)

時間 午前9時~午後4時(雨天決行)無料 駐車場有り

バスをご利用の方は佐倉駅北口からバスが出ています。
時刻表も記載されているのでご確認下さい。↓

ついでと言っては何ですが、こういうものも
見つけましたので、佐倉市を観光される方は

ご参考ください。

麻賀多神社のご案内

<名 称>

麻賀多神社(まかたじんじゃ)本宮

<所在地> 

〒286-0003 千葉県成田市台方1番地

麻賀多神社HP

<電車 最寄り駅>

京成本線 公津の杜駅

<バス>

京成線 公津の杜駅下車 成田市コミュニティ

バス北須賀ルート(甚兵衛渡し方面)

麻賀多神社前下車すぐ

バスの時刻表など↓




最強のパワースポット 麻賀多神社 本宮(1)

f:id:hana7_1111:20190414004002j:plain

麻賀多神社(本宮)

特に決めてはいなかったのですが、

今日(4/13)は都内の神社のどちらかに伺っ

た方がいいかどうかを私のガイドに尋ねた時、

「神社に行かなくてもいい」と。

 

答えたのは国常立尊でした。

「他に行くべきところがある。

それが麻賀多神社」だと。

(神社じゃん!都内じゃないけど。)

 

「今日じゃないとダメですか?」

と聞くと「今日これから行きなさい」と。

 

「えっ~今からぁぁぁ・・・」

何度聞いても(今日だぞ)と。

 

以前、場所を調べてみたことがあった。

確か千葉県の成田方面だったような。

結構遠くてアクセスが不便だった気がする・・・。

 

しかしよくよく尋ねると、そこで渡したい

ものがあるらしいのです。

といわけで、いざ麻賀多神社へ。

 

久しぶりに3本電車を乗り継いだ最後が

京成本線

急行に乗ったのですが、途中でゾワゾワと

とてつもなく嫌な気が!!

 

周りの人の中に?見渡してもそれほどまで

強い「気」を感じる人はいませんでした。

どうやらそうではないらしい・・・。

直ぐにその「気」は消えました。

 

そうか、場所が問題だったんだ。

今、京成津田沼だからその前の駅かな。

多分、事故が多い場所だったのでしょう。

取り急ぎシャーマニックヒーリングで

車内を浄化しました。

 

さて、最寄り駅の「公津の杜駅」に到着。

麻賀多神社前へのバスは1時間に1本あるか

無いかの状況なので徒歩で行きました。

(後でまとめてご案内します)

f:id:hana7_1111:20190414010659j:plain

左)公津の杜駅   右)公津の杜公園

案外大きくて綺麗な駅でした。

f:id:hana7_1111:20190414010655j:plain

 

駅から近い所の公園を通って行きましたが、

桜もまだ咲いていて、こいのぼりが沢山泳い

でいましたね~。

f:id:hana7_1111:20190414003639j:plain

左)道祖神   右)岡本天明屋敷跡


公園が終わるところで「道祖神」を発見。

温かいエネルギーを感じ、ワーク後は

凄い風が吹いて来ました。

 

長閑な田舎道や可愛い家々の間を歩き、神社

間近の所に「岡本天明屋敷跡」がありました。

しばらくすると直ぐに神社の看板を見つけました。

こんな目と鼻の先に岡本天明さんは住んでいらし

たのか~と思いながら、神社へ向かうと、急に

高次元の存在達が動き出し、頭の上が騒々しく

なって来ました。

 

岡本天明さんについての関連記事は下部を

ご覧ください。

f:id:hana7_1111:20190414002347j:plain
麻賀多神社 本宮の鳥居

 

途中、風景を撮りながらでしたが、

駅から徒歩25分位で到着。

 

鳥居をくぐると右手に手水舎

f:id:hana7_1111:20190414004012j:plain

手水舎

 

f:id:hana7_1111:20190414003630j:plain

道祖神(右手に有り)   中央先が拝殿、左手は社務所 

f:id:hana7_1111:20190414002404j:plain

祓戸

右手に祓戸神社

こちらでしっかりご挨拶とお祓いを。

社務所の右奥に神輿庫、

綺麗なお手洗いが更に奥にあります。

f:id:hana7_1111:20190414223535j:plain

左)社務所    右)神輿庫

受付には

御朱印は1日と15日

8時~13時か14時?」

「バスの時刻表」も掲示されていました。

f:id:hana7_1111:20190414004712j:plain

 

階段を上がって拝殿へ。

f:id:hana7_1111:20190414003831j:plain

麻賀多神社

誰もいなかった為、その隙に写真を撮らせて頂い

ていたら、次々と参拝客がやって来た為、奥の

鳥居のある神社からご挨拶することに。

f:id:hana7_1111:20190414004030j:plain

天之日津久神社

f:id:hana7_1111:20190414004021j:plain

 

<御祭神>

天之日津久神 (あまのひつくかみ)

 

両手がビリビリとして来て、ご挨拶中は

ずっと体がグラグラと揺れて頭の中が

ぐるぐる回って、もう大変でした。

強烈なエネルギーです。

 

岡本天明さんがこちらをお参りした後に

自動書記現象が始まったと言われています。

確かに凄かった~。

 

再び拝殿へ向かいました。

f:id:hana7_1111:20190415190512j:plain

拝殿

<ご祭神>
稚産霊尊(わかむすびのみこと)
別名:和久産巣日神穀物の生育を司るムスビの神。

食物・養蚕の神。
古事記』では神産みの段に登場する。 

イザナミ伊邪那美命)が火の神・カグツチ

火之迦具土神)を生んで火傷をし、病に伏せる。

その尿(ゆまり)から、水の神・ミズハノメ

弥都波能売神)が生まれ、次にワクムスビ

生まれたとしている。食物(ウケ)の神である、

トヨウケヒメを娘とする。(Wikipediaより)

 

 

こちらも両手がビリビリして頭に

強烈なエネルギーがやって来ました。

体も勝手にグラグラと揺れ出し、

(わぁ~凄いな・・・)と

されるがままの状態でした。

 

この後、

フラフラになりながら、大杉の方へ。

f:id:hana7_1111:20190414003823j:plain

 

末社が4社あります。

f:id:hana7_1111:20190414004146j:plain

左)古峯神社  右)三峰神社

左側に古峯神社、三峯神社

こちらでも感謝のエネルギーワークを行わせて

いただいたら、とても喜んでおいででした。

f:id:hana7_1111:20190414004153j:plain

左)印旛國造神社  右)馬来田郎女神社

馬來田郎女神社がとても活気があったように

感じられました。しめ縄の紙垂(しで)が

やたらくるくると回って、歓迎されている

エネルギーを感じました。

 

さて、右手に大杉。

f:id:hana7_1111:20190414003816j:plain

御神木の大杉

今から1370年前(聖徳太子時代)に植えられた

もので東日本一と言われています。

f:id:hana7_1111:20190414215217j:plain

樹齢1300年の大杉

目の前まで来るとすごく迫力があります。

周囲8m・高さ40m。

御神木の周囲は木道がある為、くるりと一周

できます。

ゆっくり回っていたら、 途端に優しいエネルギ

ーが伝わって来ました。

f:id:hana7_1111:20190414215226j:plain

  

ただ、人々の願望が強くて、特に欲が強い

気が少し混在しているようでした。

 浄化のワークと愛のエネルギーをご奉納

させて頂きました。

 

大杉はとても優しい木で、包まれるような

柔らかいエネルギーを贈ってくださいました。

凄く偉大で神聖で大きな愛を感じる素晴らしい

御神木です。長い歴史を見守り、人々の願望を

受け入れ続けた御神木。

みんなで大事にしていきましょう。

f:id:hana7_1111:20190414004721j:plain

こちらは拝殿の左側にある末社です。

猿田彦神社、青麻神社、幸霊神社

 

ご挨拶を終えて、本殿の裏を回っていた

ところ、

 

「この位置に来るように」と言われて写真を

何気なく撮ってみました。明日に続く・・・。

 

関連記事