スピリチュアルな世界はファンタジー。 そこに生命の真実があります

王子稲荷神社(東京都北区)

f:id:hana7_1111:20181203142200j:plain

【王子稲荷神社】

御祭神:

・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

・宇気母智之神(うけもちのかみ)

和久産巣日神(わくむすびのかみ)

三神は同一神とされています。

 

f:id:hana7_1111:20181203142826j:plain

王子神社から約徒歩5分。

こちらも場所が分からず神門からでは

なかったのですが、ちょうど神門は閉鎖

されていて、後から調べた所神社付属の

幼稚園が近くにある為、平日はクローズ

しているとの事でした。

 

境内に沢山の自転車が駐輪していたのは

そのせいだったのかと・・・。

f:id:hana7_1111:20181203142143j:plain

【本殿】

すっかり曇天空となってしまいました。

拝殿参拝後の右奥に赤い鳥居があり、そちらを

潜ると社殿が。(後で本殿だと分かりました)

しかし天候のせいか寒々しさを感じました。

こちらで大きな冠を付けた女神様が現れました。

光のエネルギーが弱く感じられたので、そちら

のワークをさせて頂きました。

f:id:hana7_1111:20181203143634j:plain

赤い鳥居の先には亀山稲荷神社・嬉野森稲荷神社・

北村稲荷神社、そして左横には・・・

f:id:hana7_1111:20181203142133j:plain

【重軽石(おもかるいし)のあるお稲荷様】

 

持ち上げた際に重く感じるか軽く感じる

かで願い事の成就を占います。

軽く感じた方が願いが叶うという事です。

あの有名な「京都伏見稲荷」にもありま

した御石様ですが、昨年参拝した際は、

凄い長蛇の列で、もっと奥の社殿にあった

小さい御石様で占ったわけですが、私と

姉以外は他に参拝客がいなかった為、

(そんな筈はない、もう一回!)と

ふたりで何度もやっていました(笑)

 

で、こちらはどうでしょう!?

願いを心に思い浮かべ、いざ「御石様」を

持ち上げてみました!

(んっ・・・!!!)

びくともしませんでしたー( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

っいうか、重過ぎじゃね!?

こんなん持ち上がらんわ!!!

 

そこで目についたのが斜め左上の

小さい「御石様」!

(これならいける!)Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

 

心に願いをときめかせながら、いざ

持ち上げたら、予想以上に楽勝で

持ち上がりました(o^∇^o)ノ

 

もう一度大きい「御石様」でチャレンジ

しようとしたら別の参拝客が来られた

ので断念し、更に階段の上にはまだ

稲荷神社があった為、ひとまずそちらへ

向かうことに。

 

上から下を見下ろした時、先程の参拝

客が「御石様」を持ち上げていたよう

で(こんなん無理やろ!)という声が

聞こえてきて深く頷いた私でした。

 

さて、こちらは御穴様の社殿で、ここに

狐の住処があったというお穴様があります。

ご挨拶していると、菩薩様のような方が

現われました。

やや暗い表情でしたが・・・。

その理由は後で分かったのですが、

ここにいた不浄の存在をお土産として

(仕事あげますよって感じで)たんまり

渡されて、この後3日程大変でした(T◇T)

 

一通りエネルギーワークをさせて頂いた

ので少し光が入りました。参拝客も私

ひとりで殺風景でしたが、後から数名

来られるようになり、今日の所は

ひとまず完了です。

また伺ってチャレンジしたいと思います

(*^ー^*)

 

<御由緒>
康平年間(1058~1065年)には源頼義

「関東稲荷総司」として崇敬。
この関東とは陸奥国まで含む「東国三十三国」

であり、当社の格式が伺い知れる。
1180(治承4)年には源頼朝源義家の腹巻

(鎧の一種)や薙刀等を奉納したとされ、また後

の当地の領主、小田原北条氏の崇敬も篤かったと。
江戸期においては近隣の王子神社とともに徳川

将軍家祈願所の一つに指定され、1634(寛永11)年、

1703(元禄16)年、と幕府によるたびたびの社殿

造営があり、現社殿は1822(文政5)年十一代将軍

家斉により寄進されたものである。
第二次大戦中の1945(昭和20)年4月13日、空襲

により本殿は大破し、1960(昭和35)年に再建。
当社は有名な落語「王子の狐」の舞台にもなって

いるほか、大晦日から正月にかけて行われる 

「王子・狐の行列」や初午祭凧市の祭事には

氏子地域外からも多くの参詣者を集める。

 

<耳より情報>

毎年2月の初午の日には「凧市」が開催。

江戸時代に火事を防ぐ為、風が大火になら

ないよう風を切って上る凧を火事除けのお

守りに民衆が王子稲荷神社の奴凧を

「火防の凧(ひぶせのたこ)」としたのが

始まりだとか。

様々な種類の凧が販売され、出店も並んで

賑わうそうです。

 

<地図>

最寄駅:JR京浜東北線 王子駅
東京メトロ南北線 王子駅
都電荒川線 王子駅前停留場

王子駅から徒歩5分